Momoi Halko (桃井はるこ) Exclusive Interview

Momoi Halko (桃井はるこ) Exclusive Interview

We were lucky enough to sit down with Momoi Halko and conduct an exclusive interview with her at FanimeCon 2009. Hear what the 'Queen of Akihabara' had to say about her trip to America!

(日本語版)

T-ONO: Thank you for meeting with us when you're so busy, how was your schedule here in America? Was it pretty busy?

Momo-i: Hmm, yes. Well, I came to San Jose before FanimeCon started. Once the con started I was pretty busy, but I got to take it a little easy before that.

 

T-ONO: Did you see a lot of touristy sites?

Momo-i: First, oh where did I go? I went to the Apple Headquarters' Apple Store, oh and I went to the Winchester Mystery House. I wanted to go for so long, and I've been wishing to go for so long, and my wish was finally granted. I love San Francisco and I've been coming to visit a few times for the past ten years or so. San Jose isn't that far from there, and I always thought about going to the Winchester Mystery House. But I didn't have a car, so I never got to go. I got taken to see it this time, and I'm very happy about that.

 

T-ONO That's great to hear.

Momo-i: I also went to the Computer History Museum in Mountain View. I explained the exhibits in so much detail that my band mates asked me, "are you an employee here?"

 

T-ONO: So this isn't your first time in Northern California is it?

Momo-i: Yes, I've been to San Jose too, I've been to the garage where Hewlett Packard started. It's just a normal garage (laughs). It was a normal garage at a normal house. There was a monument that that said it was the "Birthplace of Silicon Valley."

 

T-ONO: Moving on to your work, what kind of projects or plans do you have with your career?

Momo-i: I've started a label called "AKIHABA LOVE RECORDS" last April. From about 2 years ago, I've been invited to a number of conventions outside of Japan, and I realized that people the world over are interested in Akihabara culture. I have played in Akihabara since I was little and so I thought naming my label after it seemed fitting. I hope to spread a type of Akiba Music, a whole genre around the world from its birthplace.

 

T-ONO: How were the fans' reactions to your concert last night?

Momo-i: I was happy that so the crowd was so excited! Everyone seemed so happy to be there, that I was just as happy performing. It was a really big concert hall too, but I knew everyone was listening to me because the people in the back waved glow sticks. It really made me see just how many people had come to see me. I  only spoke mostly in Japanese, but I was happy to see that everyone seemed to understand me more or less.

Even with a language barrier, I felt I could communicate from the heart by singing my songs. Also, In Japan otaku are looked down upon, but here I am in America to perform in front of so many like-minded people because I am one. I feel happy that I am an otaku (laugh).

 

T-ONO: So, moving onto the future, in the case of otaku culture, you started as a street performer in Akihabara right?

Momo-i: Yes.

 

T-ONO: What do you think is in store for the future? You have grown in popularity by performing in Akihabara, but do you notice any new trends developing?

Momo-i: Hmmm, Akihabara no longer closes off traffic so that people can walk on the streets on the main street on weekends. So there's a lot of boys and girls who rent event spaces in places like CD shops and such where people can do their otaku performances.

Also, there are a lot of artists doing Akiba-style events and performances outside of Akihabara, like Oosu in Nagoya or Nihonbashi in Osaka. There are live performances, but there are also people partying at club music events, especially in Nagoya's scene. I think that's really interesting to see. It's not just in Akihabara now, and people all over Japan are getting excited over Akiba-style music.

 

T-ONO: Then how about Nico Nico Douga?

Momo-i: Oh, Nico Nico Douga is interesting too. When I was a student, the only way for me to perform was as a street performer. Major record labels would have to distribute your CD if you wanted a lot of people to hear you, so I could only have people listen to me sing on the streets of Akihabara. Well, I was uploading videos of myself on the Internet back then, but it was all dial-up back then and no one could see it - Internet connections and hardware in general just wasn't available in most households at the time. With Nico Nico Douga, now I have the tools to show people things I've made myself to a lot of people and I find that really interesting. I think it's great that there are more choices on how to make it big now, on top of what originally was dominated by major record labels.

But on the other hand, the flow of time on the net is really fast. Things that were made last week can seem like it was made last year. That's why I made "AKIHABA LOVE RECORDS" to preserve good music. Before Nico Nico Douga, CDs were a way to distribute music to a wider audience; now, I think their role has shifted in to "preserving" things.

That's why I am and wish to continue collaborating with many of the Nico Nico Douga artists. The CD jacket to my first single under this label, "Loozie·Goozie" and my third single, "Jien Otsu Song" are designed by people who have drawn for Hatsune Miku PVs on Nico Nico Douga. So, this might have been a bit long winded, but don't you think it's really interesting?

 

T-ONO: So what will you be doing after this (interview)?

Momo-i: I'll be heading home to Japan after this.  I have a live show I do every month on Nico Nico Douga, it's called "The Moko Moko 60 Minutes." You can watch from the United States too, so please watch it. Well there's no English on Nico Nico Douga, so for those that don't understand Japanese it might be a little hard, but please try watching anyway! I'll be waiting for comment from America.

Also, AKIHABA LOVE RECORDS will be releasing on May 27th, with guest vocalist Okumi Masami, its second single, "My Resolution ~Under that Clock~! And then, on June 17th, we release my third single, "Jien Otsu." This song is the theme song to the otaku K-1 Fighter Nagashima Jien Otsu Yuichiro. You can Google for the details on your own time. I will also be doing summer live concerts in August. So I hope to do my best.

 

T-ONO: Do you have any comments on the swine flu epidemic?

Momo-i: The new influenza? Well, you can't buy any masks in Japan right now. Because of the shortage on masks, I sent my friend in Osaka some. I work in voice acting and singing, so I keep stock of masks in my house. So when my friend in Osaka couldn't buy any I sent them some to their great delight. (laughs) Yes, let's all take care of ourselves.

 

T-ONO: Thank you very much for the interview!

Momo-i: Thank you very much.


 

(Interview in Japanese)

T-ONO: まず、忙しい時間を取らせて有難うございます。そして、アメリカでのスケジュールはどうでしたか?けっこう忙しかったでしょうか?

Momo-i: そうですね。でもファニメコンが開幕する前からサンノゼに来ていたので開幕してからは忙しかったですが、その前はちょっとゆっくりさせていただきました。

 

T-ONO: いろいろな観光地などを見ましたか?

Momo-i: まず、何処へ行ったんだっけ?アップルカンパニーのアップルストアにいったり、それと、私ずっとウィンチェスターミステリーハウスにいきたくて、行きたい、行きたいと思ってたんですけど、やっと念願がかなって行くことができました。十年前ぐらいからサンフランシスコが大好きで、何回か来てたんですよ。で、サンノゼとサンフランシスコは比較的近いんで、ウィンチェスターミステリーハウスにずっと行きたいと思っていたんですけど、車を持っていないので行けなくて、今回連れて行ってもらえて、大満足です。

 

T-ONO: 良かったですね。

Momo-i: あと、マウンテンビューのコンピューターヒストリーミュージアムに行きました。私がすごく詳しく説明するので私と一緒にいったバンドの皆さんに「このコンピューターミュージアムの人ですか?」と言われました。

 

T-ONO: じゃあ、北カリフォルニアに来るのは初めてじゃないのですね。

Momo-i: そうでうね、サンノゼも前も来たことがあって、HPの創業のガレージとかに行ったことがありますね。普通のガレージでした(笑)。普通の家のガレージで始めたっと。シリコンバレーの発祥の地みたいなモニュメントがあって。

 

T-ONO: それでわ、仕事の方に行きますが、現在どんな計画とかプロジェクトを行っていますか?

Momo-i: 4月に「AKIHABA LOVE RECORDS」と言うレーベルを作りました。それは何で作ろうかと思ったかと言うと、一昨年ぐらいから、海外のコンベンチョンとかによく呼んでいただいてくれるんですが、世界中に秋葉原にあこがれている人がいるということがわかって、私は子供の頃から秋葉原で遊んでいたのでその名前を付けたレーベルを私が作ることに意味があるかなと思ったからです。なので、一つの秋葉系、秋葉原ミュージックが一つのジャンルとして世界中に広まるように本場からメッセージして行きたいです!

 

T-ONO: 昨夜のコンサートでのファンのリアクションはどうでしたか?

Momo-i: とても盛り上がってくれてうれしかったです!すごく皆さん素敵な笑顔でこっちも嬉しくなりました。そして広い会場だったんですが、後ろの方のかたはグロースティックを振ってくれていたので、聞いてくれていると分かって、とても立体感があって楽しかったです。ほとんど日本語しか喋らなかったんですが、皆さんなんとなく分かってくれてるみたいで、嬉しかったです。

言葉が違っても歌を歌えば心が通じるんだなと思いました。あと、日本だとオタクは肩身が狭い存在なんですけど、私がオタクだからこうやってアメリカに呼んでもらって、沢山の方と歌で交流できたので、オタクでよかったです!(笑)

 

T-ONO: そして、これからの話ですが、オタクの文化として、桃井さんは秋葉原のストリートパフォーマーとして成長したんですよね。

Momo-i: はい。

 

T-ONO: これからはどうだと思います?あなたは秋葉原の町中で演奏してだんだんポピュラーになってきましたが、他に違うトレンドなどを気づきましたか?

Momo-i: ああっとですね、秋葉原では今歩行者天国はやってないんですけれども、その代わりにCD屋さんのイベントスペースとかそういうオタ芸が出来るようなお店とかで時間を借りて歌とかダンスとかパフォーマンスしている女の子たちや男の子たちがいっぱいいます。

それと秋葉原以外の場所で、例えば名古屋の大須とか、大阪の日本橋でも、いわゆる秋葉系的なライブをやっているアーティストが沢山いるんですね。それから、ライブパフォーマンスもそうですが、クラブイベント、クラブミュージックのイベントもとても盛んで、特に名古屋はすごくクラブミュージックがさかんなので、そういうところがとても面白いなと思ってます。秋葉原だけじゃなくて、日本のいろんな都市で秋葉系の音楽で盛り上がっている人がいる状態なんですよね。

 

T-ONO: じゃあ、ニコニコ動画とかはどう思いますか?

Momo-i: ああ、ニコニコ動画は面白いですね。私が学生の頃はストリートで歌うしか方法がなかったんですね、メジャーのレコード会社からCDを出さないと沢山の人に聞いてもらう方法が無かったから、私は秋葉原の路上で歌うしかなかったんです。まあ、その頃からインターネットに動画をアップロードとかをしていたんですが、当時なにぶん電話回線だったので誰も見られなかったんです。インターネットと回線自体が普通の人に家に無かったので、今はニコニコ動画で何か自分が作った物をどんどん他の人に見てもらえる環境があるということはとっても面白いことだなと思います。メジャーのレコード会社から出るっていうだけじゃなくて、いろんな選択肢があることはいいことだと思いますね。

でも一方でネットワークの世界は流れが速いので一週間前のものが一年前みたいに昔に感じられるので、私は「AKIHABA LOVE RECORDS」を作っていい音楽を残していこうと思ったんです。ニコニコ動画とかがある前はCDの役割は、流通させる、広く人に聞いてもらう方法だったんだと思うんですけど、今は「残しておく」というふうに役割が変わったと思うんですね。

なので、ニコニコ動画のアーティストの方とかも、私はどんどんコラボレーションとかをして行きたいと思ってます。実際「AKIHABA LOVE RECORDS」の第一弾シングル「るーじ・ぐーじー」と第三弾シングル「☆自演乙☆ソング」のジャケットデザインはニコニコ動画の初音ミクの曲を作ったりしているクリエーターの人にお願いしたりしてます。なので、話が長いけど、とっても面白いんじゃないですか?

 

T-ONO: これからはどうするんですか?

Momo-i: これからはですね、日本へ帰って、月一回ニコニコ動画でニコニコ生放送でですね、モコモコ60分という番組をやってますので、それはアメリカからでも見られますので、まあ、ニコニコ動画は英語が無いんで日本語が分かんないと難しいかもですが、生放送ぜひ見てみてください。アメリカからの書き込みを待ってます。

そしてですね、「AKIHABA LOVE RECORDS」の5月27日には奥井雅美さんをゲストヴォーカルに迎えてですね、「AKIHABA LOVE RECORDS」第二弾シングル「My Resolution ~あの時計の下で~」が発売されます!そしてですね、6月17日には第三弾シングルでます、「☆自演乙☆ソング」という曲です、この「☆自演乙☆ソング」はK-1ファイターでオタクの長島☆自演乙☆雄一郎のテーマソングです。詳しくははググってください。はい、あとは8月にはアニメのサマーライブとかに出たりとか、頑張って行きたいと思います。

 

T-ONO: 豚インフルエンザに何かコメントありますか?

Momo-i: 新型インフルエンザ?今、日本ではマスクが買えないんですよ、マスク不足でこのあいだ、私大阪のお友達に、マスクを送ったげました。私はこういうヴォイスアクターと歌手の仕事をしているので、マスクをいっぱい家に買ってあるんですよ。なので大阪の友達がマスクを買えないって困ってたんで、送ってあげたら大変喜ばれました。(笑)はい、みんな気をつけましょうね。

 

T-ONO: 有難うございました。

Momo-i: 有難うございます!

Last modified on Thursday, 26 November 2015 23:52
(0 votes)